トイレのつまりの原因は?

トイレトイレのつまり困りますよね。特定できるようなわかりやすいものならいいですが、なんで詰まっているのかわからないものは、詰まりをとるのに大変です。そうしないと、トイレが使えないのは本当につらいです。自分で解決するのには、まず原因を知るのがいいでしょう。トイレの詰まりは、水が引いたまま、水があふれている、異音がするなどで分かります。一番多いのは、水があふれているという状態です。

水があふれる場合には、便器の配管に原因があります。配管はぐるっと回って水が流れやすく、固形物が流れにくい構図になっています。しかも最後に上にあがっていく構図になっていて、細くなっているので、少しのものでも流れ方が悪かったとか、量が多いと詰まるのです。もし、指輪とか携帯とかを落とした場合には、この細い部分の前でとらないと、その先に行ってしまった場合、取り出せなくなってしまいます。故障でそこに部品やかけたものが詰まってしまうと、トイレが流れなくなってしまうのです。

意外な原因でトイレが詰まるという場合もあります。水の流しすぎや、節水でトイレの水を少なく流す、など。よかれと思ってやったことが、つまりの原因になることがあるのです。そういった時に原因がわかると、解決方法もわかりますし予防にもなりますので、原因を考えてみましょう。もし解決方法を試してみてもダメな場合は、水道業者に頼むのもおススメです。素人が下手にいじって、元に戻らなくなることもあります。