トイレのつまりの意外な原因

カップラーメン今はカップラーメンなどの残り汁もトイレに流す人がいます。意外ですが、駅のトイレでもそういったものを流す人もいるらしいです。すごく迷惑です。すごく細かいものになりますが、つまりの原因になるのです。脂分が多いカップラーメンは排水管にへばりつくといいますので、流すことはよくないです。

意外につまりの原因になるのは、おもちゃやボールペン、携帯電話等の大きな固形物です。主に生活用品になります。携帯は奥まで流れることはあまりありませんが、勢いあって流れていったということもあるようです。ボールペンは、あっというまに流れて行ってしまい、排水管でつまることも多いです。おもちゃやペットボトルのキャップなど、意外なものを落としてしまった場合、つまりの原因になります。意外な生活製品がトイレのつまりの原因になったりします。

他にも雑誌や勉強道具を持って入っている人が落としてトイレのつまりになったこともあります。トイレに長居する人は、漫画や小道具を持って入る人もいますので、そういう人が手がすべってトイレに落としてしまう場合もあります。トイレのつまりといえども、いろいろな原因があります。もし自分で解決できないものがあれば、専門業者に頼むことをお勧めします。

 

推奨リンク|トイレつまり専門業者_水道救急センター

トイレのつまりの1番の原因は?

トイレットペーパー一番つまりの原因は、トイレットペーパーやティッシュペーパーになります。トイレットペーパーは水に溶けやすくできていますが、トイレットペーパーでも多くなると溶けにくくなりつまりの原因になります。さらに排便した状態でのトイレットペーパーの詰まりは原因の中でも多く、気を付けることが必要です。嘔吐した時も同様です。ティッシュやトイレットペーパーを多く使ってしまう傾向があるので、つまりの原因になります。

ティッシュペーパーは水に溶けないので、流れにくいです。そうした場合は、ラバーカップでとることが多いです。これで取れないことはあまりありません。

またほかにもトイレ掃除シートや先端を流して掃除するタイプのものです。ここ最近は使い捨てのトイレ掃除用品が多く、トイレに溶けやすくできているものの、直接流すとつまりやすくなります。できれば避けるか、大の方で流すことをお勧めします。

猫砂をトイレに流す人がいますが、猫砂もつまりの原因になります。猫砂は尿を吸収するようにできているので、トイレの水を吸って大きくなるからです。大きくなり、量が多くなれば、トイレがつまってしまいます。もし猫砂を処理するのであれば、細かく回数を分けて行うことでつまりの予防になります。

トイレのつまりの原因は?

トイレトイレのつまり困りますよね。特定できるようなわかりやすいものならいいですが、なんで詰まっているのかわからないものは、詰まりをとるのに大変です。そうしないと、トイレが使えないのは本当につらいです。自分で解決するのには、まず原因を知るのがいいでしょう。トイレの詰まりは、水が引いたまま、水があふれている、異音がするなどで分かります。一番多いのは、水があふれているという状態です。

水があふれる場合には、便器の配管に原因があります。配管はぐるっと回って水が流れやすく、固形物が流れにくい構図になっています。しかも最後に上にあがっていく構図になっていて、細くなっているので、少しのものでも流れ方が悪かったとか、量が多いと詰まるのです。もし、指輪とか携帯とかを落とした場合には、この細い部分の前でとらないと、その先に行ってしまった場合、取り出せなくなってしまいます。故障でそこに部品やかけたものが詰まってしまうと、トイレが流れなくなってしまうのです。

意外な原因でトイレが詰まるという場合もあります。水の流しすぎや、節水でトイレの水を少なく流す、など。よかれと思ってやったことが、つまりの原因になることがあるのです。そういった時に原因がわかると、解決方法もわかりますし予防にもなりますので、原因を考えてみましょう。もし解決方法を試してみてもダメな場合は、水道業者に頼むのもおススメです。素人が下手にいじって、元に戻らなくなることもあります。